2011年12月31日

見物ひとつ!マニラとの違い

マニラ、フィリピン共和国の首都。 バコルロドゥヌンどの都市ですか?





バコルロドゥヌン面積1万3.680Km2、人口は約317だけで、フィリピンで7番目に大きいネグロス島にある都市です。

ネグロスオクシデンタル州の州都でビサヤン制度では、詳細、イロイロの次に大きい都市です。

バコルロドゥヌンフィリピン最大の砂糖生産地として、フィリピンのサトウキビの75%が生産される地域で、20世紀初頭から近代的な製糖業の活動に加え、急速に発展しました。我が国の仁川(インチョン)のように港湾都市として発展しており、殆どの市街地で5〜20分の距離に海があり、フィリピン全域がそうだが熱帯海洋性気候の影響を受けます。



マニラとの違い

マニラの場合は、空気と水と交通事情が大変劣悪です。

古い車が吐き出す煙は深刻なレベルです。バコルロドゥウイ場合、マニラのように排気ガスが深刻でないし、交通渋滞もひどくないし、飲料水事情も良好で、バコルロドゥエソ出てくるサンミゲルビールが一番おいしいとされます。安全上の問題もマニラよりも安全で、他の誘惑に陥るの環境も少なく留学の目的で強く推奨しているところです。また、バコロドの人々は、まだ純粋さを持っており、外国人に対する待遇はとても好意的な点も、研修のメリットの一つです。コスト面でマニラには、日常生活に入る交通費や生活費が20〜30%程度高いバコルロドゥワヌンかなりの違いがあり、結果的に見ると、研修期間中の費用は、韓国での生活費と同様になります。また、マニラやその他の語学研修の地域に比べて、韓国人が少ないため、英語研修地として非常に適しています。



が見物ひとつ!

バコロド市 - SMモール、ガイ佐野、ロビンソン、ロプエス、ゴールデンフィールド、サンタフェリゾートなど

バコロド近郊 - ブエノスアイレス、ジョマボ、ミニボラカイ島  


Posted by yyysam at 14:13Comments(0)22